So-net無料ブログ作成
西尾市岩瀬文庫(愛知県西尾市) ブログトップ
前の5件 | -

企画展「茶 ~岩瀬文庫資料にみる茶のさまざま~」、2020年1月19日(日)まで開催中 [西尾市岩瀬文庫(愛知県西尾市)]

愛知県西尾市にある日本初の古書ミュージアム「西尾市岩瀬文庫」では2020年1月19日(日曜日)まで、

第73回全国お茶まつり愛知大会協賛
西尾市岩瀬文庫企画展
 ~岩瀬文庫資料にみる茶のさまざま~

が開かれています(入場無料)。

s_191013西尾市岩瀬文庫01、本館と旧書庫.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫の外観、奥にある煉瓦造りの建物は国登録有形文化財の旧書庫です。

s_191013西尾市岩瀬文庫17、図録とチラシ.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫企画展「茶 ~岩瀬文庫資料にみる茶のさまざま~」の図録(左)とチラシ。



さて、2019年10月13日(日曜日)の午前9時40分頃、日本初の古書ミュージアム「西尾市岩瀬文庫」へ行ってきました(展示品の撮影自由)。

s_191013西尾市岩瀬文庫04、展示室.JPG
~ 企画展「茶 ~岩瀬文庫資料にみる茶のさまざま~」が開かれている西尾市岩瀬文庫2階の企画展示室。

・ 会 期  : 2019年10月12日(土)~2020年1月19日(日)
・ 開館時間 : 午前9時~午後5時(文庫資料の閲覧は午後4時まで)
・ 休館日  : 毎週月曜日(10月14日・11月4日・
       1月13日を除く)、第3木曜日、年末年始
・ 入館料  : 無料
・ 図 録  :300円(1階の休憩室で販売)

西尾市岩瀬文庫企画展「茶 ~岩瀬文庫資料にみる茶のさまざま~」においては、次の4つのセクションに分類されて様々なお茶に関する資料が紹介されています。

 一 始まりは薬だった ~お茶の効能~
 二 文化の茶
 三 茶を生業に ~産業としての茶~
 四 お茶飲む人々

s_191013西尾市岩瀬文庫06、「茶経」.JPG
~ 「茶経(さけい)」。

s_191013西尾市岩瀬文庫09、「本草図説」.JPG
~ 「本草図説」。

s_191013西尾市岩瀬文庫10、「千代田之大奥」.JPG
~ 「千代田之大奥」。

なお、「西尾市岩瀬文庫」1階の休憩室において、西尾の抹茶をいただくことができます。1服200円(干菓子付)。

s_191013西尾市岩瀬文庫18、呈茶.JPG

企画展「茶 ~岩瀬文庫資料にみる茶のさまざま~」の関連行事として、「展示解説」、古文書講座「江戸時代の茶の本を読んでみよう!」が企画されています。詳細、申込方法につきましては、「西尾市岩瀬文庫」のホームページでご確認願います。

☆ 日本初の古書ミュージアム「西尾市岩瀬文庫」(愛知県西尾市亀沢町480番地)




nice!(76)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

西尾市岩瀬文庫特別展「考古遺物の美と謎」、2019年10月6日(日)まで開催中 [西尾市岩瀬文庫(愛知県西尾市)]

愛知県西尾市にある古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」では2019年10月6日(日曜日)まで、

西尾市岩瀬文庫特別展「新編西尾市史 資料1 考古」刊行記念
考古遺物の(ミステリー)
が開かれています。

s_190713西尾市岩瀬文庫10.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫特別展「新編西尾市史 資料編1 考古」刊行記念 『考古遺物の美と謎(ミステリー)』チラシ。






さて、2019年7月13日(土曜日)の午前11時45分頃、古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」へ行ってきました。

s_190713西尾市岩瀬文庫01.JPG

・ 会 期  : 2019年7月6日(土)~10月6日(日)
・ 開館時間 : 午前9時~午後5時(文庫資料の閲覧は午後4時まで)
・ 休館日  : 毎週月曜日(7月15日・8月12日・9月16日を除く)・
       9月19日(木)~25日(水)(特別整理期間のため)
・ 入館料  : 無料

2019年春に刊行された「新編西尾市史 資料編」に収載されている出土品の中から「美」と「謎」をテーマに選ばれた優品が展示されていますが、撮影禁止のために写真はありません。

s_190713西尾市岩瀬文庫08、企画展自室(今回は撮影禁止).JPG

特別展を観覧後、閲覧室に移動し、「御歯固図(オンハガタメノズ)」と「神供幷十種菓子図(シンクナラビニジュッシュカシズ)」を閲覧しました。

s_190713西尾市岩瀬文庫09、閲覧室.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫2階にある閲覧室。

閲覧室内での資料の撮影は不可なので、前回の企画展「御即位慶賀 帝」で撮った写真をご覧ください。

s_190510西尾市岩瀬文庫09.JPG
~ 「御歯固図(オンハガタメノズ)」。

歯固めの行事で供されたは菱葩、新年を寿ぐお菓子として全国的に定着した「花びら餅」の原形だと言われています。

s_190510西尾市岩瀬文庫10.JPG
~ 「神供幷十種菓子図(シンクナラビニジュッシュカシズ)」。

2つの古書を閲覧後、1階の休憩室において、西尾の抹茶をいただきました。1服200円(干菓子付)。

s_190713西尾市岩瀬文庫11.JPG

☆ 日本初の古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」(愛知県西尾市亀沢町480番地)






nice!(80)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

西尾市岩瀬文庫企画展「〈御即位慶賀〉帝(みかど)~平成から令和へ~」、2019年6月30日まで開催中 [西尾市岩瀬文庫(愛知県西尾市)]

愛知県西尾市にある古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」では2019年6月30日(日曜日)まで、

西尾市岩瀬文庫企画展
〈御即位慶賀〉(みかど)~平成から令和へ~

が開かれています。

s_190510西尾市岩瀬文庫01.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫の外観、奥にある煉瓦造りの建物は国登録有形文化財の旧書庫です。

s_190510西尾市岩瀬文庫16.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫企画展「〈御即位慶賀〉帝(みかど)~平成から令和へ~」チラシ。






さて、2019年5月10日(金曜日)の午後2時25分頃、古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」へ行ってきました(展示品の撮影自由)。

s_190510西尾市岩瀬文庫04.JPG

・ 会 期  : 2019年4月20日(土)~6月30日(日)
・ 開館時間 : 午前9時~午後5時(文庫資料の閲覧は午後4時まで)
・ 休館日  : 毎週月曜日(4月29日・5月6日を除く)・
       5月16日・6月20日
・ 入館料  : 無料
・ 図 録  :300円(1階の休憩室で販売)

西尾市岩瀬文庫企画展「〈御即位慶賀〉帝(みかど)~平成から令和へ~」においては、即位・改元に関する資料、物語に描かれた天皇の日記などが、次の四つのセクションに分類されて紹介されています。

 一 即位と改元
 二 宮中儀礼のさまざま
 三 御簾の向こう側
 四 帝登場! ~お話なかの帝~

s_190510西尾市岩瀬文庫09.JPG
~ 「御歯固図(おんはがためのず)」。※新年を寿ぐ和菓子として全国的に定着した「花びら餅」のルーツだと言われています(参照:川端道喜著「和菓子の京都」岩波新書)。

s_190510西尾市岩瀬文庫10.JPG
~ 「神供幷十種菓子図」。

なお、「西尾市岩瀬文庫」1階の休憩室において、西尾の抹茶をいただくことができます。1服200円(干菓子付)。

s_190510西尾市岩瀬文庫17.JPG

☆ 日本初の古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」(愛知県西尾市亀沢町480番地)








和菓子の京都 (岩波新書)

和菓子の京都 (岩波新書)

  • 作者: 川端 道喜
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/04/20
  • メディア: 新書



nice!(86)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

特別展「西尾にも来た! 頼山陽を知ってますか?」、2019年2月11日まで [西尾市岩瀬文庫(愛知県西尾市)]

愛知県西尾市にある古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」では2019年2月11日(月曜日/祝日)まで、

岩瀬文庫特別展
西尾にも来た! 頼山陽を知っていますか?

が開かれています。

s_181207西尾市岩瀬文庫01、外観.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫の外観、奥にある煉瓦造りの建物は国登録有形文化財の旧書庫です。

s_181207西尾市岩瀬文庫06、図録とチラシ.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫特別展「西尾にも来た! 頼山陽を知ってますか?」の図録とチラシ。



さて、2018年12月7日(金曜日)の午前10時25分頃、古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」へ行ってきました(特別展が開かれている企画室内での写真撮影禁止)。

s_181207西尾市岩瀬文庫05.JPG
~ 「写真撮影できません」。

・ 開館時間 : 午前9時~午後5時(文庫資料の閲覧は午後4時まで)
・ 休館日  : 毎週月曜日(祝日を除く)・第3木曜日・
       12月29日(土曜日)~1月3日(木曜日)
・ 入館料  : 無料
・ 図 録  :500円(1階の休憩室で販売)

特別展「西尾にも来た! 頼山陽を知ってますか?」においては、四つの章に分類されて古書が展示されています。

 第一章 西尾にも来た! 細香にも惚れた-文化十年の旅- 
 第二章 そして「耶馬渓」が生まれた-文政元年九州の旅-
 第三章 頼山陽と愉快な仲間たち-文政十年前後-
 第四章 頼山陽はにほんの歴史と政治を生涯考え続けた
     -天保三年逝去まで

西尾市岩瀬文庫においては、企画展示室における特別展の観覧のほか、常設展示の観覧、閲覧室において古書の閲覧ができます。

s_181207西尾市岩瀬文庫07、常設展示.JPG
~ 常設展示。

s_181207西尾市岩瀬文庫12、閲覧室.JPG
~ 閲覧室。

なお、「西尾市岩瀬文庫」1階の休憩室において、西尾の抹茶をいただくことができます。1服200円(干菓子付)。

s_DSC_3808.JPG

☆ 日本初の古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」(愛知県西尾市亀沢町480番地)






nice!(74)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

西尾市岩瀬文庫企画展「読み書きそろばん~江戸庶民の学びの本~」、2018年11月25日(日)まで開催中 [西尾市岩瀬文庫(愛知県西尾市)]

「西尾の抹茶」で知られる愛知県西尾市にある古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」では2018年11月25日(日曜日)まで、

 西尾市岩瀬文庫企画展
~江戸庶民の学びの本~

が開かれています。

s_181017西尾市岩瀬文庫01.JPG
~ 西尾市岩瀬文庫の外観、奥にある国登録有形文化財の煉瓦造りの旧書庫は現在、屋根瓦修復工事です。

s_181017西尾市岩瀬文庫05、企画展.JPG
~ 企画展「読み書きそろばん~江戸庶民の学びの本~」が開かれている「西尾市岩瀬文庫」2階の企画展示室。






さて、2018年10月17日(水曜日)の午前10時25分頃、古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」へ行ってきました(館内での撮影可、ただしフラッシュ使用不可)。

s_181017西尾市岩瀬文庫07、企画展.JPG

・ 開館時間 : 午前9時~午後5時(文庫資料の閲覧は午後4時まで)
・ 休館日  : 毎週月曜日(10月8日は開館)・第3木曜日
・ 入館料  : 無料
・ 図 録  :300円(1階の休憩室で販売)

企画展「読み書きそろばん~江戸庶民の学びの本~」においては、五つのテーマに分類されて古書が展示されています。

 一. 初等教育の教科書-往来物-
 二. 算学
 三. 江戸の教育熱
 四. 女子の教育
 五. 近世から近代へ

s_181017西尾市岩瀬文庫09.JPG
~ 「寺子教訓往来」天保2年(1831年)刊。

s_181017西尾市岩瀬文庫15.JPG
~ 「女芸文三才図絵」(鳥飼酔雅編、江戸時代中期刊)

なお、「西尾市岩瀬文庫」1階の休憩室において、西尾の抹茶をいただくことができます。1服200円(干菓子付)。

s_181017西尾市岩瀬文庫18、休憩室で西尾の抹茶.JPG

☆ 古書のミュージアム「西尾市岩瀬文庫」(愛知県西尾市亀沢町480番地)
☆ 2018年10月17日(水曜日)午前10時25分頃利用






nice!(86)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 西尾市岩瀬文庫(愛知県西尾市) ブログトップ