So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

「豪商のまち松阪」への誘い(後半) [豪商のまち松阪(まつさか)を歩く(三重県松阪市)]

「豪商のまち松阪」への誘い(前半)は、→こちら

「旧長谷川治郎兵衛家」の次に向かったのは、国指定史跡「松坂城跡」の敷地内にある国登録有形文化財「松阪市立歴史民俗資料館」(松阪市殿町1539番地)です。

191026松阪あるき35、松阪市立歴史民俗資料館.JPG
~ 「松阪市立歴史民俗資料館」は1911年(明治44年)に建築着工、1912年から飯南郡図書館として開館した建造物です。

 ・開館時間:午前9時~午後4時(4月~9月:午後4時30分まで)
 ・休館日 :月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始
 ・入館料 :大人80円、小中学生・高校生40円(3館共通入館券あり)

「松阪市立歴史民俗資料館」において2019年12月9日(日曜日)まで、第70回松阪肉牛共進会開催記念企画展「松阪牛~世界ブランドと呼ばれるまで~」が開催されています。

191026松阪あるき36、松坂市立歴史民俗資料館.JPG

「松阪市立歴史民俗資料館」において企画展と常設展を観覧後、「松坂城跡」を経由して国指定重要文化財(建造物)「御城番屋敷」へと歩きました。

191026松阪あるき39、松坂城跡から見る御城番屋敷.JPG
~ 松坂城跡より見る「御城番屋敷」。(松阪城裏門跡を出た先の)石畳の両側に並んでいる屋敷が「御城番屋敷」です。

松阪市観光プロモーションサイトを参照すると、「松坂城裏門跡と搦手門(竹御門)跡を結ぶ石畳の両側に、美しく整えられた槇垣を巡らした御城番屋敷は、松坂城を警護する「松坂御城番」という役職の武士20人とその家族が住んだ武士の組屋敷」だそうです。

191026松阪あるき40、御城番屋敷.JPG

「御城番屋敷」の石畳を通って次に向かったのは、殿町に残る江戸時代末期の武家屋敷の松阪市指定有形文化財「原田二郎旧宅」(松阪市殿町1290番地)です。

191026松阪あるき41、原田二郎旧宅.JPG
~ 「原田二郎旧宅」の表門。

 ・開館時間:午前9時~午後5時
 ・休館日 :月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始
 ・入館料 :無料

191026松阪あるき44、原田二郎旧宅.JPG
~ 「原田二郎旧宅」は明治から大正にかけての実業家で公益財団法人原田積善会を設立した原田二郎(1849~1930)の生まれ育った家だそうです。

191026松阪あるき42、原田二郎旧宅(2階8畳).JPG
~ 「原田二郎旧宅」2階の8畳間。



さて、「原田二郎旧宅」を後にして向かったのは、今回の「松阪あるき」のゴール地点の代表銘菓「老伴(おいのとも)」で知られる1575年(天成3年)創業の和菓子の老舗「柳屋奉善」の茶房「楊柳園」(松阪市中町1877番地)です。

191026松阪あるき06、柳屋奉善.JPG
~ 旧伊勢街道にある「柳屋奉善」本店。

茶房「楊柳園」でオーダーしたのは、代表銘菓の「老伴」と煎茶のセットです。

191026松阪あるき51、老伴セット.JPG
~ 「老伴」は、まん中に幸せを呼ぶ鳥「鴻」の図柄、その左右に漢字の「延年」(右側が「延」、左側が「年」)が配されています。

191026松阪あるき54、老伴.JPG
~ 「老伴」の裏側は羊羹です。

柳屋奉善の茶房「楊柳園」で甘楽茶楽時間を過ごした後、松阪駅まで歩き、松阪発午後1時45分のJR「快速みえ14号 名古屋行」に乗車し帰路につきました。松阪市滞在時間約4時間の「松坂あるき」でした。

191026松阪あるき57、普通「亀山行」.JPG
~ この電車は、松阪(まつさか)を午後1時53分に発車するJR紀勢本線「亀山行」です。





nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

「豪商のまち松阪」への誘い(前半) [豪商のまち松阪(まつさか)を歩く(三重県松阪市)]

松阪牛(まつさかうし、まつさかぎゅう)(※1)で知られる三重県松阪市(まつさかし)(※2)は、三井グループの祖・三井高利を始めとする松阪商人を輩出した「豪商のまち」です。

(※1):松阪牛協議会ホームページの「松阪牛の定義」を参照すると、松阪市の名産品「松阪牛」の正しい読みは「まつさかうし」または「まつさかぎゅう」で、「まつざかうし」と「まつざかぎゅう」は間違いです。また、「松坂牛」という表記も間違いです。


(※2):松阪市のホームページの「松阪市の概要」を参照すると、戦国武将・蒲生氏郷の開府以来使用されていた「松坂」は、「大坂」が「大阪」に変更されたこともあり、明治22年(1889年)の町制施行の際に「松阪」に統一され、現在に至っているそうです。また、江戸時代から「まつさか」または「まつざか」の2通りの読み方が存在していましたが、2005年(平成17年)1月1日の市町村合併に伴い、読み方を「まつさか」で統一したそうです。


191026松阪あるき01、松阪駅.JPG
~ JR松阪駅構内の駅名標、「まつさか 松阪 Matsusaka」となっています。

ただし、国指定史跡・日本百名城「松坂城跡」だけは例外だそうです。松阪市観光プロモーションサイトに載っている「蒲生氏郷が築いた 松坂城と町」を参照すると、「城の名称については、史跡名称に合わせて『松坂』を使用している」そうです。

191026松阪あるき31、案内板.JPG
~ 阪内川にかかる大橋近くにある案内板、「松坂城跡 Matsusaka Castle Ruins」となっています。

191026松阪あるき33.JPG
~ 松阪市役所前にある案内板。「松坂城跡」となっています。



さて、2019年10月26日(土曜日)、名古屋発午前8時37分のJR「快速みえ1号 鳥羽行」に乗って松阪へ行ってきました。時刻表通り午前9時54分に松阪着。

191026松阪あるき02、松阪駅南口.JPG
~ 松阪駅南口。松阪駅は、JR東海(東海旅客鉄道)と近鉄(近畿日本鉄道)の共同駅です。

松阪駅南口より松阪市駅前通り商店街ベルタウン、よいほモールを通って、今回の「松阪あるき」のスタート地点「豪商のまち松阪観光交流センター」へ歩いて向かいました。

191026松阪あるき08、豪商のまち松阪観光交流センター.JPG
~ 2019年4月5日にオープンした松阪の歴史や文化を、もっと楽しく発信!松阪「まちなか観光」の拠点「豪商のまち松阪観光交流センター」(松阪市魚町165番地3)。

今回の「松阪あるき」で訪れる文化施設のパンフレットなどを入手した後、「三井家発祥地」の前を通り、「旧小津清左衛門家」へと歩きました。

191026松阪あるき09、伊勢街道(参宮街道).JPG
~ 旧伊勢街道(参宮街道)。

191026松阪あるき10、三井家発祥地.JPG
~ 「豪商のまち松阪観光交流センター」から歩いて1分ほどの松阪市指定史跡「三井家発祥地」(松阪市本町2214番地ほか)、私有地なので敷地内は見学不可です。

「三井家発祥地」の前から「旧小津清左衛門家」までは徒歩2分ほどです。

191026松阪あるき13、旧小津清左衛門家.JPG
~ 三井・長谷川などと並ぶ屈指の豪商だった旧小津家の本宅です。1996年10月より一般公開されています。

 ・開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・休館日 :月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始。
 ・入館料※:大人160円、小中学生・高校生80円

※「旧小津清左衛門家」、「旧長谷川治郎兵衛家」および「松阪市立歴史民俗資料館」の3館に入館できる「豪商のまち松阪3館共通入館券」があります。一般500円、6~18歳250円。


三重県指定有形文化財「旧小津清左衛門家」において2020年1月13日(月曜日/成人の日)まで、秋季特別企画展「松阪商人の茶の湯」が開催されています。

191026松阪あるき18、秋季特別企画展「松阪商人の茶の湯」.JPG
~ 秋季特別企画展「松阪商人の茶の湯」が行われている内蔵。

191026松阪あるき25.JPG

「旧小津清左衛門家」を見学した後、「旧長谷川治郎兵衛家」へと歩きました。歩いて3分ほどでした。

s_191026旧長谷川治郎兵衛家01.JPG
~ うだつが上がる「旧長谷川治郎兵衛家」の主屋。

国指定重要文化財(建造物)の「旧長谷川治郎兵衛家」は、三井家、小津家などと並ぶ松阪商人を代表する豪商・長谷川家の本宅で、2019年4月5日より本格的な公開が始まっています。

 ・開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・休館日 :月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
 ・入館料※:大人320円、小中学生・高校生160円

s_191026旧長谷川治郎兵衛家02.JPG
~ 「旧長谷川治郎兵衛家」の主屋正面(入館口)。家紋(丸三)が見えます。

「旧長谷川治郎兵衛家」において2019年12月15日(日曜日)まで、秋季特別企画展「長谷川家の茶の湯」が開催されています。詳しい記事は →こちら ~「旧長谷川治郎兵衛家」で秋季特別企画展「長谷川家の茶の湯」開催中、2019年12月15日(日)まで~

「旧長谷川治郎兵衛家」の次に向かったのは、国指定史跡「松坂城跡」の敷地内にある「松阪市立歴史民俗資料館」です。

191026松阪あるき34、国史跡「松坂城跡」.JPG
~ 松阪市役所前付近から撮った国指定史跡「松坂城跡」。松坂城は、蒲生氏郷が天正16年(1588年)に築城した平山城です。

「豪商のまち松阪」への誘い(後半)へ続く。→こちら





nice!(80)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「彦根城博物館」への誘い ~徳川譜代大名筆頭 井伊家伝来の名宝の数々~ 〔滋賀県彦根市〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

国宝・彦根城が建つ彦根山(金亀山)の麓にある彦根城博物館は、1987年(昭和62年)2月11日に彦根市市政50周年を記念して開館したミュージアムで、その建物は彦根藩の政所であった表御殿を復元したものです。同館が所蔵する資料は9万1千件を超え、そのうち約4万5千件が井伊家に伝わる美術工芸品や古文書だそうです(参照:彦根城博物館のホームページ・パンフレット・展示解説シートなど)。

s_191109彦根城博物館01、表門橋.JPG
~ 彦根城の内堀にかかる表門橋の先に彦根城博物館が見えます。

s_191109彦根城博物館03.JPG
~ 表門橋を渡った辺りで撮った写真、正面の建物が彦根城博物館の玄関。

彦根城博物館は、テーマ展・特別公開と常設展が行われる6つの展示室、移築復元された寛政12年(1800年)に建てられた「能舞台」(彦根市指定文化財)、藩主の居間や茶室などの「奥向き」を復元した木造棟、庭園などから構成されています。

展示室1においては2019年11月24日(日曜日)まで、テーマ展「井伊家の茶の湯-伝来茶道具をめぐる10の物語-」が開催されています。

s_191109彦根城博物館06、企画展「いいけの茶の湯」.JPG
~ テーマ展「井伊家の茶の湯-伝来茶道具をめぐる10の物語-」が開かれている展示室1。

 ・会 期 :2019年10月25日(金曜日)~11月24日(日曜日)
 ・休館日 :会期中無休
 ・開館時間:午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・観覧料 :一般500円(彦根城とのセットチケットもあります)
 ・アクセス:JR東海道本線・近江鉄道「彦根駅」より徒歩15分ほど

s_191109彦根城博物館09、呂宋壺.JPG
~ 物語4「呂宋壺(るそんつぼ)」-宇治から江戸へ、運ばれた新茶-。

s_191109彦根城博物館11、葵紋台子.JPG
~ 物語5「葵紋台子と天目台」-御成の茶道具-。

展示室2~6においては、譜代大名筆頭の井伊家伝来の大名道具を中心にとした常設展「ほんものとの出会い」が、「武家の備え」、「幽玄の美」、「数奇の世界」、「雅楽の伝統」、「風雅のたしなみ」および「古文書の世界」の6つのテーマに分けて行われています。

s_191109彦根城博物館18.JPG
~ 常設展「ほんものとの出会い」~テーマ「武家の備え」(井伊の赤備え・刀剣と武具)。

s_191109彦根城博物館20 (1).JPG
~ 常設展「ほんものとの出会い」~テーマ「幽玄の美」(能面・能装束)。

s_191109彦根城博物館21.JPG
~ 特集展示「井伊直弼の茶の湯」。

s_191109彦根城博物館29.JPG
~ 常設展「ほんものとの出会い」~テーマ「雅楽の伝統」(雅楽器)。

s_191109彦根城博物館31.JPG
~ 常設展「ほんものとの出会い」~古文書が語る世界(井伊家の歴史)。



さて、2019年11月9日(土曜日)の午後1時15分頃、彦根城博物館へ行ってきました。今回のテーマ展関連企画として午後2時から講堂において開催される講座「10の物語でひもとく井伊家の茶の湯」(講師:同館学芸史料課 奥田晶子さん)に参加するためです。

s_191109彦根城博物館34、講演会(奥田晶子).JPG
~ 井伊家伝来の茶道具の名品10点をそれぞれにまつわるエピソードとともに解説するという講座でした。

s_191109彦根城博物館33、講演会資料.JPG
~ 講座の配布資料。

奥田晶子さんの解説の中でもっとも興味をひかれたのは、物語8「古銅弦月釣花生」にまつわるエピソードです。

s_191109彦根城博物館15、古銅弦月釣花生.JPG
~ 古銅弦月釣花生(江戸時代中〜後期)。

井伊家13代直弼がこの花生を安政元年(1854年)9月18日、彦根藩の下屋敷「槻御殿」の庭園「玄宮園」にあった茶室「流鶯軒」で開いた茶会で使ったことが「彦根水屋帳」に載っており、「花入 水はかり入れてくさりニて」との記載がある。この記載から、周囲に菊が植えられており「菊の茶屋」とも呼ばれていた茶室「流鶯軒」で行われた茶会当日は、菊が満開で菊を愛でる趣向から花生に花を生けなかったと思われる。侘びの茶に深く傾倒した直弼ならではの趣向だといえる。


「彦根城博物館」の木造棟には、藩主が用いた茶室「天光室」が復元されています。

s_191109彦根城博物館27.JPG
~ 復元された茶室「天光室」(立入禁止)。

茶室「天光室」においてお茶をいただくことはできませんが、能舞台が見える立礼席で呈茶が行われています。

s_191109彦根城博物館26、立礼席.JPG
~ 呈茶代は、一服(薄茶と生菓子)500円です。

☆ 「彦根城博物館」(滋賀県彦根市金亀町1番1号)





nice!(107)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | -