So-net無料ブログ作成

企画展「昭和、美濃の陶工 林景正」、土岐市美濃陶磁歴史館で2020年2月24日まで開催中 [東美濃のミュージアム]

岐阜県土岐市にある土岐市美濃陶磁歴史館において2020年2月24日(月曜日/天皇誕生日 振替休日)まで、

 企画展「昭和、美濃の陶工 林景正」

が開催されています。

191203土岐市美濃陶磁歴史館01.JPG
~ 土岐市美濃歴史博物館の入口前にある大きな案内板。

・展覧会名:企画展「昭和、美濃の陶工 林景正」
・会 期 :2019年11月29日(金曜日)
     ~2020年2月24日(月曜日/天皇誕生日振替休日)まで
・会 場 :土岐市美濃陶磁歴史館第1展示室
      (岐阜県土岐市泉町久尻1263番地)
・開館時間:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
・入館料 :一般200円、大学生100円、高校生以下無料
・休館日 :月曜日、祝日の翌日(1/13、2/11は開館)、年末年始





さて、2019年12月3日(火曜日)の午後0時50分頃、企画展「昭和、美濃の陶工 林景正」が開かれている土岐市美濃陶磁歴史館へ行ってきました。

191203土岐市美濃陶磁歴史館15、展示室.JPG
~ 企画展「昭和、美濃の陶工 林景正」が行われている第1展示室。

林景正(1891~1988)さんは、企画展の配布資料を参照すると、1930年(昭和5年)頃に美濃桃山陶の再現に乗り出し、古窯で拾った志野や織部などの陶片をお手本にして美濃桃山の再現を目指したそうです。黄瀬戸の技術で岐阜県重要無形文化財に認定された1958年(昭和33年)以降は、黄瀬戸の制作に一層力を入れたそうです。

それでは、企画展「昭和、美濃の陶工 林景正」における展示品の中から、「景正の黄瀬戸」コーナーに展示されていた林景正さんの代表作と言われる黄瀬戸胴紐茶盌3点をご覧ください。

191203土岐市美濃陶磁歴史館08、景正の黄瀬戸.JPG
~ 「景正の黄瀬戸」コーナー。

191203土岐市美濃陶磁歴史館10、黄瀬戸胴紐茶盌.JPG
~ 林景正「黄瀬戸胴紐茶盌」。

191203土岐市美濃陶磁歴史館11、黄瀬戸胴紐茶盌.JPG
~ 林景正「黄瀬戸胴紐茶盌」。

191203土岐市美濃陶磁歴史館12、黄瀬戸胴紐茶盌.JPG
~ 林景正「黄瀬戸胴紐茶盌」。

☆ 「土岐市美濃陶磁歴史館」(岐阜県土岐市泉町久尻1263番地)

nice!(88)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 88

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。